部下の事が好き–実らせる可能性を高める方法

会社の部下が好き

超人気記事となった前回の部下のことが好きになってしまったの続編とも言えるのが今回の記事となります。

前回は早めに手を引きましょうといったネガティブな記事でしたが今回は成就させるためのポジティブな記事です。可愛い部下である年下彼女をゲッチュする理論的で手堅い方法をご紹介します。

早速本題へ入りますが、会社内で出会った部下というところがポイントとなります。職場では本当に出会いが多いものです。色々な年代、性格の人が集まり同じような目標を持って、同じ時間を過ごします。そこでは独身にしろ、既婚にしろ年下の後輩や部下に惚れてしまったり、ついつい気になったり、愛してしまうこともあるのは不思議なことではありません。

愛してしまった女性を他の男に取られないように理論を以てして、成就するための下記要素を抑えて、アタックしましょう。会社内での出会いであるからこそ、会社の環境を活かして年下彼女を作る可能性を高めることができます。

①会社の縦社会を利用すべし

会社の業種や雰囲気、環境にも依存しますが、いわゆる体育会系の会社であれば縦社会が重んじられています。今時古いと思いがちですが、この体育会系を美徳としている会社もまだまだ多くあります。

いわゆる体育会系の会社というのは、割と年下彼女をGETしやすいです。というのは、年長者が幅を利かせ、年少者が肩身の狭い思いをしているからです。

出る釘は打たれるとも受け止められますが、若者が活躍しだすと先輩社員や年長者は面白くないですよね。そうすると若者が活躍しにくいようにする雰囲気が出るアレです。

とにもかくにも若者の男性が縮こまっているのは同年代の女性からしたら情けないというか格好良くはないですよね。その点、年長者はバリバリと幅を利かせて、また偉そうに若者へ雑用等指示をしたり、ミスを指摘したりと「若者よりも俺の方が格好良いだろ」とアピールできる訳です。

実際に若者はなかなか逆らえませんし、若い女性も意外とオジサン上司に取り入って、同期男性を蹴落とした気分になっている子も居たりします。そういう子はオジサンのターゲットにしてOKです。

②自らの立ち位置を見極めるべし

自らの立場を見極める    結構難しいが、これは大事。つまり自分自身は他人から見てイケている部類に入っているか。学生時代でもあったかと思いますが、ある程度イケているグループに居るとイケている可愛い女の子と話をしたりコンパする可能性がグッと上がります。
それと同じです。自分が権力者である事、もしくは権力者に近い関係、親しい関係にいることが非常に大切です。
①の縦社会の風潮が強い会社であればこの立ち位置の効果もより活きてきます。

③オジサン好きの女性を狙うべし

極限ですが、コレです。

実際にあった話ですが、結構年上の男性が好きというアピールしている女性か、もしくは具体的に課長の○○さんと言っている女性が結構います。結局その女性は課長の○○さんは既婚者ということで別の年上(随分)の男性と結婚しました。親に相当反対されたようですが、男性の人柄に両親も観念した模様。

オジサンに希望を持たしてくれる話でした。

④弱っている時にアプローチするべし

仕事をしていると、軌道に乗っている時と何をやってもうまくいかない時があります。女性がうまくいかず悩んでいる時に声を掛けて相談にのってあげましょう。

若い女性というのは同性とのコミュニティを気にしたりと同性のコミュニティ外、つまり男性に相談したい部分もあります。仕事やお局たちなど若い女性社員は結構大変です。上手くいかないことの方が多いと思います。

そこであなたがやさしく声を掛けましょう。

 

上記4つのツボを押さえておけば、どこの会社にも1人はいる美女と野獣と言われるような夫婦やカップルに自分がなることができるでしょう。

「あんな若くて可愛い子と結婚して、犯罪だよ」と言われるのは貴方です。
他人を羨ましがる前に自分が羨ましいと思われる存在になりましょう。それはこの上なく幸せなことです。

それでは幸運を祈ります。

成就

この記事の読者は以下の記事も読んでいます


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kasegoogle/1uck.net/public_html/ozisan/wp/wp-content/plugins/post-plugin-library/common_functions.php on line 174
    None Found

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

*

このページの先頭へ